So-net無料ブログ作成

株価が上がっても下がっても利益が出る!証券ディーラーの『サヤ取り・ペアトレード投資術』 株式会社グロースアドバイザーズ [サヤ取り・ペアトレード投資術]

サヤ取り・ペアトレード投資術

株価が上がっても下がっても利益が出る!証券ディーラーの『サヤ取り・ペアトレード投資術』



下記サイトで購入者レビューを公開中!
サヤ取り・ペアトレード投資術



最初は「サヤ取り」と聞いてもピンときませんでした。
同じ投資をするのなら、狙いを絞って集中的に「買い」「売り」を行ったほうが、より儲かるんじゃないかと思っていたのです。

でも、PCの前にかじりついてチャートとにらめっこ。
神経をすり減らし、上がった下がったと一喜一憂しながら売買を繰り返し……。臆病なので、ちょっと利が乗ったと思ったら直ぐに利益確定をしてしまい、損が出たら逆に「この値段で買ったのだから、ここまでは戻るだろう」と予想をしてしまって、気がついたら大きな損をかかえていました。

そこで、山本さんの手法を取り入れてみたのです。すると、僅か数日で利益確定。それが何度も続くのです。

勿論、利が乗っているときはとことん利益を追求するというのは変わり御座いません。しかし、損が出る前に殆ど利益確定ができてしまうのです。
サヤ取り・ペアトレード投資術
いままでの「サヤ取り」というと、正直言って地味なイメージしかに御座いませんでした。リスクが無い変わりに利益も殆ど無いだろうと思っていたのです。しかし、山本さんの手法は、シンプルで機械的なので、利益をどんどん積み重ねられるのです!

正直言って、「サヤ取り」がこんなにも利益が出るものだとは思いませんでした。
これからは、もっと積極的に自分の投資のなかに「サヤ取り」を組み込んでいこうと思います。




株の投資をしていて、自分でも知識はそれなりにあるほうだと思っていました。
でも、「サヤ取り」というのは正直に言ってよくわからなかったんです。「買い」と「売り」を同時に行う……。「買い」又は「売り」のどちらかで利益を取りに行って、もう一方はいわゆる読みが外れたときの「保険」なんじゃないの? それ位の感覚でいたんです。
情報商材レビュー
でも、普通の株式投資では上手くいかない。「買い」で入ると株が下がって損切り。それならと思って「空売り」を仕掛けると、今度は逆に上昇してしまって……。利益確定のチャンスが何回もあったことはわかってはいたんです。けれど、利益が少ない気がして利確に踏み切れなかったんです。

そんなもどかしい投資を繰り返していたときに、山本さんの「サヤ取り・ペアトレード」に出会ったんです。

何のために「買い」と「売り」をするのかがようやくわかりました。
獲れる利益のチャンスをもっと増やすためだったんですね! 今まで「サヤ取り」を誤解していました。

わたしは、今までにいろいろな投資教材を読んで勉強・実践してきましたが、これ程内容がシンプルで明確で誰にでもできて、リスクやその対処法もしっかり盛り込まれている教材は無かったと思います。

さっそく実践してみた所、最初の数回はまだちょっと分からない所がありましたが、それ以降は安定して利益を出せるようになりました。これなら、わたしにもずっと続けていけると思います。有難う御座いました。

サヤ取り・ペアトレード投資術

証券ディーラーのサヤ取りペアトレード投資術

株価が上がっても下がっても利益が出る!証券ディーラーの『サヤ取り・ペアトレード投資術』

サヤ取りとは、異なる2つの銘柄を、同時に「買い」と「売り」の注文を出すことによって、その銘柄の間の価格差を利用して、差額で利益を積み重ねる手法を言います。2つの銘柄があれば、どちらか一方を「買い」、もう一方を「空売り」するという手法です。

両方とも「買い」と「売り」を行うのではなく、2つの銘柄のうちどちらか一方を「買い」、どちらか一方を「売り」とするのです。

そうする事で、例えば全体の相場が下がったときでも、「買い」で持っている銘柄で損失を出していても、「空売り」で持っている銘柄がそれ以上に下がれば、「買い」の下落リスクを最小限にしながら、「空売り」の利益を手にする事が出来るのです。
株式投資情報ブログ
ここで重要なのは、あくまでも2銘柄間の差益が重要なのであって、全体の相場が下がろうが上がろうが、2銘柄の間の差益にのみ気を配っていれば、利益をあげることが出来るのです。


もっと具体的に説明しましょう。

A社とB社の2つのチャートを見ていた所、両社の株価の差はあれど、A社の株が上がるときにはB社の株も上がる、A社の株が下がるときにB社の株が下がるという、両社の間に非常に似た動きがあることに気がつきました。ただし、常に同じような比率で動いているわけでは御座いません。B社はA社に比べて値動きが少ないものだったとします。

ディーラー小林の「株式相場の未来を読む」

ディーラー小林の勝てるディーラーの投資術

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

A社の株価が1000円、B社の株価が800円だったとします。

数日後、A社が800円、B社が700円にそれぞれ株価が下がったとします。
ここで、A社、B社ともに「買い」を行っていたとしたら……。株価はそれぞれA社で200円、B社で100円下がっていますから、合計300円の損失となります。

しかし、サヤ取りを行っていたらどうでしょうか。
サヤ取りでは「A社を1000円で空売り」「B社を800円で買い」を同時に行います。
結果は、

A社 1000円で売り → 800円で買い戻し = +200円の利益
B社 800円で買い → 700円で売り = -100円の損失

200円-100円 = 100円の利益

と、同じ株価下落でも、サヤ取りならば100円の利益が出るのです。


日経225デイトレード バイナリーオプション必勝法 無料 被リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。